トップページ > 新着情報 > 長野市吉田I邸カバー工法による屋根リフォーム工事?施工ブログ

長野市吉田I邸カバー工法による屋根リフォーム工事?施工ブログ

s-DSCF0449.jpg
施工前。瓦棒葺で経年による色褪せ、剥げ、傷みがかなり見られました。

s-DSCF0459.jpg
施工するにあたり、屋根についているアンテナ、雪止めなどを丁寧に外していきます。

s-DSCF0461.jpg
すべて取り外していよいよ新しい屋根材を重ねていきます。

s-DSCF0463.jpg
正確に採寸・加工された重ね葺の材料(フジラップ)が丁寧に荷揚げされています。

s-DSCF0473.jpg
屋根材が1枚1枚屋根の上に並べられていきます。

s-DSCF0482.jpg
並べた先から専用の道具を使ってしっかりと屋根材を絞めていきます。「ガッチャをかける」と言います。

s-DSCF0490.jpg
屋根材が葺きあがりました。後は仕上げ作業に入ります。

s-DSCF0492.jpg
積雪をガードする雪止アングルを設置、棟を取り付けています。

s-DSCF0495.jpg
玄関先の屋根も葺き直します。

s-DSCF0505.jpg
これでカバー工法による屋根葺替工事が完了しました。アンテナも改めて設置しなおしました。