トップページ > 新着情報 > 自宅兼倉庫外装リフォーム工事ー施工ブログ

自宅兼倉庫外装リフォーム工事ー施工ブログ

H邸リフォーム?−完成いたしました

r-DSCF0281.jpg
r-DSCF0283.jpg


当社住宅のリフォームが完成しました。

軽量金属瓦ーセキノ興産『かわら418』
外壁金属サイディングー日新総合建材『メタルキューブ』
塩ビ雨樋ークボタ松下電工外装『シビルスケア』
断熱サッシー新日軽『アルプラ』
他、ルーフデッキ、屋根他金属部分の塗装
をしました。

築30年の建物で、鉄骨造。
家の中は若干のリフォームをしていましたが
外装に関してはほとんど手付かず。
思いのほか傷んでいたことがわかり、
まさしく
『紺屋の白袴』『医者の不養生』状態だったと大反省でした。

1ヶ所出来上がる度「きれいになるねぇ」と感動し、
ご近所の方からも「まるで新築みたいですね」とお褒めをいただき、
やってよかったと思います。

いつでもご覧いただけます。
当社フリーダイヤルかこのHP問い合わせフォームから
一言お知らせいただけますと当社担当者がご案内いたします。

今回外装を一新させたこの住宅、
この夏中に住宅内も一部で間取り変更や内装のリフォームを行う予定です。
またこの様子はHP内でお知らせいたします。



H邸リフォーム?−金属屋根仕上げ

r-DSCF0264.jpg

雪止金具と洋風鬼を取り付けました。
これで屋根もしっかりと決まりがつき、仕上がりました。

足場を外し、
すっきりとした現代的な外観に生まれ変わった建物が現れました。
周りの片付けと若干の塗装でいよいよ完成です。

実はこの倉庫兼住宅、長野市吉田の当社住宅です。
金属瓦、外壁サイディング、雨樋など全面リフォームした
モデルハウスとなっています。


H邸リフォーム?−金属瓦葺き

r-DSCF0256.jpg

セキノ興産の軽量金属瓦『かわら418』を葺きました。
とても軽くて、施工も早い金属瓦です。

先日も東北地方で大きな地震がありました。
『かわら418』などの軽量金属瓦は、屋根への負担も少なく
地震対策に有効です。
金属瓦には洋風平瓦風・和瓦風のもの、いろいろなタイプのものがあります。

これで後は雪止金具や鬼、
サッシの網戸などを設置、
細かい金属部分の塗装と全体の清掃をしたら
足場を取り外して完成となります。


H邸リフォーム?−樋の取付

r-DSCF02000.jpg

トタンの半月樋から塩ビのナショナル『シルビスケア』に掛け替えました。
樋足も新たにピッチを細かくとって打ち、より安全性を上げました。
角タイプの樋にした事で、屋根の形とサイディングのモダンな雰囲気と合いました。


H邸リフォーム?−屋根剥ぎ・アスファルトルーフィング張り

屋根を剥ぐ
s-DSCF0233.jpg

サイディングがとても綺麗にでき、印象が思った以上に良くなったので、屋根も一気に金属瓦に葺き替えることとなりました。
足場を延長し、屋根工事にも対応できるようにしてからの施工です。

既存の上から葺く事も充分可能ですが、今回は屋根材を全部剥いでいきます。思いのほか土台も傷んでおりました。

アスファルトルーフィング
s-DSCF0235.jpg

下地にアスファルトルーフィングを一面に敷いていきます。現在の新築住宅によく使われているものです。これで雨漏りをより防ぐことが出来ます。


H邸リフォーム?−サイディング張り?

s-DSCF0220.jpg

s-DSCF0216.jpg

サイディングがだいぶできてきました。2階の途中から色を変えてみました。上部の色はシャンパンシルバー。太陽の光の当たり具合で印象の変わるとてもきれいな色です。

周辺のお宅からも「とてもいいおうちになりますね」とお褒めをいただいた、と喜ばれました。
サイディングの後は雨樋の掛け替えとなります。


H邸リフォーム?−サイディング張り?

s-DSCF0175.jpg

サッシ・ルーフデッキと同時に建物下部から外壁サイディングを張っています。

この住宅では日新総合建材?の金属サイディング、「メタルキューブ」柄を使います。
最新の柄で、光の当たり方によって、色の変化が出るきれいなサイディングです。

又、3階建なので、途中でサイディングの色を切り替えて、現代的な雰囲気にしていきます。
どのようになるのか我々も楽しみで施工しています。

H邸リフォーム?−サイディング張りスタート

s-DSCF0213.jpg

1階の倉庫&駐車場の部分からサイディングを張り始めました。
鉄骨と鉄骨の間に細かく骨をいれ、しっかりとサイディングを張っていきます。


H邸リフォーム?−台所ステンレス貼り

s-DSCF0204.jpg

  

s-DSCF0235.jpg

新しいサッシが入り、窓廻りが綺麗になったということで、台所水廻りのステンレスを全て張り替えました。
このお宅は数年前にシステムキッチンの入れ替えリフォームをしています。
窓と水廻りのステンレスのリフォームでますます気持ちよいキッチンとなりました。


H邸リフォーム?−ルーフデッキ葺替

2階にある玄関上ルーフデッキの葺替です。

ルーフデッキはかなり傷みがみられました。
s-DSCF0206.jpgs-DSCF0212.jpg


内側の箱樋もステンレスで加工取付を行い、ルーフデッキで葺き、外側の笠木はガルバリウム鋼板にて巻きました。

施工後
s-DSCF0214.jpg


H邸リフォーム?−サッシ交換 窓の大きさ一つで。

ベランダに向かっている大きな窓.

既存は大窓の上に換気用の小窓のついたものでしたが、
大きいサイズの窓にしました。

広々とした重厚な印象となり、
これからのリフォームが更に楽しみになりました。


H邸リフォーム?−アルミサッシの交換

Before
s-DSCF0170.jpg

After
s-DSCF0200.jpg


防音、断熱効果の高い新日軽「アルプラ」を入れます。
既存アルミ窓枠を外し、新しい枠を取り付けます。

「アルプラ」は外側はアルミ、内側は樹脂を使っているため、断熱効果は抜群です。
色も外観と内部インテリアに合わせて、自由に組み合わせられます。


H邸リフォーム? −防湿シート

s-DSCF0202.jpg


外壁を剥ぎ、その上に特殊加工を施した防湿シートを張りました。
これによって湿気の心配が軽減されます。

この金属サイディングのリフォームと同時に
アルミサッシも交換していきます。

住宅に住まわれながらのリフォームですが、
無理のないように日程を打ち合わせ、施工しています。


H邸リフォーム?−外壁剥ぎ

拡大写真

s-DSCF0167.jpg

全体写真

s-DSCF0197.jpg

外壁(たて張りスパン)をはいでいます。

30数年経た住宅だけあり、かなり内側に傷みも見られます。

断熱、防音のためのグラスウールも傷んでいるものを入れ替えました。

この上に、防湿シートを貼り、そこからサイディングを張っていくことになります。

通常の住宅の外壁リフォームでは、既存の壁の上から張っていくことが可能です。

ちなみに、剥いだ外壁材は、分別の上、リサイクルに回しています。


H邸リフォーム?−足場組み

s-DSCF0192.jpg

足場を建物全体に掛けました。

安全で確実な作業のため、足場は重要です。

近隣住宅の方にも工事のお知らせとご挨拶に伺いました。
「何かありましたらすぐに当社までお知らせ下さい。」

これからいよいよリフォーム施工、開始です!!


これから変身します!−H邸リフォーム?

s-DSCF0161.jpg
築30年以上。倉庫兼住宅です。
先日屋根の塗装をしました。

これから角波板張りの外壁からサイディングへの張替え、
アルミサッシから最新サッシへの総取替えをしていきます。
順次工程を追ってお知らせしていく予定ですので
お楽しみに。